初期の不具合など

初期の不具合など

セレナ納車から8ヶ月経ち、走行距離も5000kmを超えました。
6人乗りで、1日に300km走ったこともあります。
夏を越したことで、一応、主な季節もすべて経験しました。

この間、6ヶ月点検(無料)をしてもらいましたが、基本的に異常(初期不良)はありませんでした。

ただ、2点、気になることがありましたので、点検してもらいました。

衝突防止センサーの誤動作

左前方のセンサーに異常があったようで、障害物が何も無いのに警報が鳴り、ひどい時には「衝突しました」という表示まで出るのです。
昼間は良いのですが、夜間にこれが鳴った時には、何かを車の下に巻き込んだかと思いました。
車を降りて這いつくばい、車の下を確認しましたよ。
衝撃は何も感じませんでしたので、もちろん、何もありませんでしたが。

セレナの衝突防止センサーは車止めにも反応しますし、ぺんぺん草をこすっても「衝突しました」という反応をするくらいで、人間の脳やAI(人工知能)のような精度を持っているわけではありません。
ですが、さすがに警報鳴りすぎだろ!と思い、日産のディーラーさんに点検をお願いしたのです。

結果は、やはり、左前方の衝突防止センサーが誤動作していたらしく、部品を交換したようで、3日ほどで返ってきました。
修理費用は無料で、修理の間は代車も無料で貸してもらっていたので、不自由しませんでしたが。
それに、車内外が新品同様に清掃されてきたので、かえって有難かったくらいです。

狭い道路や、障害のある道路をすり抜ける時は衝突防止センサーが重宝するのですが、あくまでも基本は目視ですね。

車内時計の時刻ズレ

もう1つ気になったのが、車内時計の時刻がどんどんズレてくること。
1ヶ月で1分くらい遅れるのです。
(時計は気温25度で正常に動くらしく、車内温度が25度から大きく外れるほど、時刻がズレるらしいです)

前の車(ラウム)が電波時計を備えており、11年間、時刻を調整する必要がなかったため、今時、電波時計じゃないのかよ!とツッコミたくなりました。

日産のディーラーさんでもどうにもならないらしく、「ズレたら合わせて下さい」とのことでした。

時刻合わせも、やり方をいちいちマニュアルで確認するので面倒です。
何度もやったので、もう覚えましたけどね。

幸い、カーナビの時計は正常(GPSで時刻データを随時受信して調整しているためだそうです)のようですので、正確な時刻を知りたい時は、ナビで確認することにしています。

せっかくナビがGPSに対応しているんだから、車内時計もそれに連動させておけば良いのにと思いますが、そんなに簡単じゃないのかな?

フォグランプつけようか迷い中

購入時、フォグランプをつけようか迷ったのですが、後からでも付けられるので、無しにしておきました。
ヘッドライトを白色のLEDにしたので、十分かな?と思っていたので。

けれど、場所によっては、夜間の視界が悪い時があります。
なので、またまたフォグランプをつけようか迷っています。
街中で見かける同型のセレナは、ほとんどフォグランプをつけているようですし。

ただ、フォグランプというのは、視界が悪い時に、対向車に自分の車の存在を知らせるのが目的で、自車の視界の確保が目的ではないらしいんですね。
そう言われてみれば、視界が良い日にフォグランプを赤々と点けた対向車を見ると、眩しくて危ないなあと思うことがあります。

次は1年点検を無料でしてくれるようなので、その時にでも費用等も含め、ディーラーさんに聞いてみようかと思います。

1500km走ってみての雑感

1500km走ってみての雑感

セレナが納車されて3ヶ月ちょっと。
近所でも同型のセレナを頻繁に見かけるようになりましたし、良く売れているみたいですね。

この間、高速での長距離移動を含め1500km走りましたので、すっかり運転にも慣れました。
(2017.4.5追記 あらためて確認すると、1900km以上走ってました)

季節は真冬を越えたことで、エアコンの状態も分かりました。

そのあたりをいくつかのテーマに絞って、まとめてみたいと思います。 Read more

ディーラーで最安値の見積もりをもらうための小技

ディーラーで最安値の見積もりをもらうための小技

ディーラーで見積もりをもらうタイミング

購入車の見積もりは、いつもらうのが良いでしょうか?

車の買い換えの場合、ネットで下取りの一括見積を申し込む前に、ベストプライスで見積もりを出してもらうべきでしょう。
下取り査定に来た業者に、見積もりのコピーを渡し、それよりも安い見積もりを出してきてもらう必要がありますから。 Read more